小型焼却炉Clean fire製品詳細

死鳥処理・鳥インフルエンザ対策なら養鶏場向け小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア) TOP > 小型焼却炉Clean fire製品詳細

これがclean fireです!

株式会社エー・ワンがご提供する小型焼却炉clean fireについて紹介します。

また製品を導入した際のメリットも併せて紹介していますのでぜひご覧ください!

小型焼却炉「clean fire」


line

行政への設置届け不要

「Cleanfire」は法律の規制対象外です。
焼却能力50kg/h未満、焼却炉火床面積0.5㎡未満に抑えたコンパクト設計により、届出・設置許可が不要です。
(平成11年2月27日 ダイオキシン類対策特別措置法施行令 政令第433号)
※一部の県では、届出が必要になります。

焼却炉構造基準適用済み

800℃の焼却温度、送風装置、二重扉の設置、温度測定器の設置、助燃バーナーの設置、炉内の外気との遮断、黒煙が出ない、及び集塵装置方式を取り入れた自然に優しい設計です。
廃棄法の構造基準は自己の農場内でも規模に関わらず全ての焼却炉に適応されます。
(平成14年12月1日改正施行環廃対132・環廃産204)

ダイオキシン及び煤塵測定済み

平成27年9月4日に測定を委託しましたが、国の基準を全てにわたり基準値以下でした。
(第三者機関の証明書を出す事ができます。)(平成22年3月 規則及び方法告示の一部改正)

自己完結型

死鶏を自己農場内で処分が可能となり、事業者はその事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理する事が産業廃棄物法の基本です。
廃出事業者としての責任がはたされます。
(廃棄物の処理及び清掃に関する法律 第3条第1項)

薪を併用できる

年間数十万円もかかるダイオキシンの測定ですが、行政への届出が不要なために測定費用も一切かかりません。燃料代(灯油)は薪と併用するため、灯油代は1カ月あたり4,000円~5,000円程度と大幅に削減できます。
※使用時間により異なります。

処理時間の短縮

微生物を利用したりすることがなく、燃焼方式なので処理時間が短く追加投入が容易に行え燃料灰も多くありません。

機種名:Cleanfire  C-50型

処理方法の比較

項目 弊社製品 鶏糞混入方式 回収方式 微生物発酵方式
処理方法 焼却炉で焼却 鶏糞に混ぜて分解 冷凍庫に保管して回収 発酵機で発酵
初期投資 本体250万円 冷凍庫100万円前後 発酵機150~800万
維持経費 灯油代2,000円/月・電気代87円/日5h 回収費用2~3万円/月・冷凍庫の電気代 微生物1~2万円/回・電気代8~10万円/月
消耗品 ロストル他 回転軸のシャフト
処理時間 50kg未満/時間 投げ入れるだけ 回収まで冷凍保管 24時間
処理残 リン酸を含んだ焼却灰・95%の減量 骨と羽 骨・40%の減量
農場環境 その都度、農場内で処理できるので防疫的に安心 感想が不十分なため臭いが発生 防疫上の懸念がある 乾燥が不十分なため臭いが発生
ハエの発生 償却すれば激減する 発生する 冷凍庫に保管すれば減る 発生する
非常時処理対応 対応可能 対応可能 対応可能 対応不可能
鳥インフル発生対応 対応不可能 対応不可能 対応不可能 対応不可能
排出者責任法 適合 適合 疑問が残る 適合
産業廃棄物法 適合 適合 移動制限がある 適合
行政届 不要 不要 必要 不要

資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせはこちら

youtubeにて使用動画を公開中!

2018年国際養鶏養豚総合展

生産現場の問題点と課題~小型焼却炉の必要性~

  • 安全を考える
  • 食の安全
  • 養鶏事業の安全
  • 環境の安全

鳥印インフルエンザ対策の重要性

死鳥(鶏)処理、どうしてますか?

  • 養鶏場向け小型焼却炉の必要性
  • Case1 死鶏処理方法に悩む養鶏場A様の場合
  • Case2 鶏インフルエンザ対策に悩む養鶏場B様の場合
  • Case3 回収業者に死鶏処理を任せていた養鶏場C様の場合
  • Case4 死鶏処理にコストが掛りすぎていた養鶏場D様の場合

ご導入頂いた方の声

小型焼却炉Clean fire導入の流れ

Q&Aよくある質問

会社概要

ブログ Blog

新原産業

QRコード