小型焼却炉Clean fire導入ケース1

死鳥処理・鳥インフルエンザ対策なら養鶏場向け小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア) TOP > 小型焼却炉Clean fire導入ケース1

死鳥の処理は埋めるだけでいいの?

宮崎県F様

case1

死鳥を埋める方法で処理していたお客様が、埋める場所の問題や衛生面での影響などを考えて「小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア)」の導入を決められました。

その導入するきっかけをお聞きしました。

死んでしまった鳥の処分方法でお悩みだったということですが、以前はどのように処理していましたか?

はい、以前は自分の土地に穴を掘って埋めていました。でも問題が出てきました。

問題ですか? どのような問題でしょうか?

死鳥を埋める場所がなくなってしまったんです。自分の養鶏場内の一部を処理に使用していましたが、 鳥インフルエンザの影響もあり埋める場所がかなり少なくなってきました。

それと臭いなどで周辺の方に迷惑がかかっているのかもしれないと思って……。

土地に穴を掘って埋めていました

野生の動物

迷惑がかかると思われたことは具体的にどのようなことですか?

土に埋めることで、一時的には見えなくなるし臭いもそんなに気にはならないと思っていました。でもある日、野生の動物か何かに荒らされ近所が汚れてしまったことがあり、悪臭が出てしまったんです。「衛生的にも問題があるのでは……」とこのときに思いました。

確かに衛生的ではないかもしれませんね。他にも気になる点はありますか?

はい、先ほども言いましたがやはり臭いです。確かに悪臭はかなり抑えられますが、実際には完全になくなるわけではありません。 そのことで不快になる人もいるのではないかと思うと気になります。

それと、土壌に本当に問題がないのかというところも気になりました。確かに埋めて処理することで堆肥にすることもできるのですが、 何らかの病気に感染した鳥を気が付かずに処理することも考えられます。その時に土壌が汚染されたりするのも怖いと思いました。

なるほど、見た目はきれいになるけど、見えない部分で問題が発生するかもしれないということですね。では小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア)を導入されてからはいかがですか?

とてもいいですよ。死鳥を見つけたらすぐに焼却処理ができますから、夜中に野生の動物が来ても近所を汚す恐れもなくなりました。もちろん群がっていたカラスもいなくなりました。

臭いはどうですか?

まったく気になりません。わずかな臭いもしないので、ご近所にも安心です。

では、最後に小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア)を導入して良かった点を改めて教えてください。

はい、このClean fire(クリーンファイア)を導入してから野生の動物に周辺を荒らされることがなくなりました。また臭いもなくご近所でも快適に過ごしてもらえるようになり、 より一層交流する機会が増えました。すぐに処理できるので、とても衛生的なところもいいですね。

小型焼却炉Clean fire

小型焼却炉Clean fire

小型焼却炉Clean fire導入ケース

case02

case02

インフルエンザ対策に悩む養鶏場K様の場合

check

case03

case03

回収業者に死鳥処理を任せていた養鶏場H様の場合

check

case04

case04

死鳥処理にコストが掛りすぎていた養鶏場O様の場合

check

資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせはこちら

youtubeにて使用動画を公開中!

2018年国際養鶏養豚総合展

生産現場の問題点と課題~小型焼却炉の必要性~

  • 安全を考える
  • 食の安全
  • 養鶏事業の安全
  • 環境の安全

鳥印インフルエンザ対策の重要性

死鳥(鶏)処理、どうしてますか?

  • 養鶏場向け小型焼却炉の必要性
  • Case1 死鶏処理方法に悩む養鶏場A様の場合
  • Case2 鶏インフルエンザ対策に悩む養鶏場B様の場合
  • Case3 回収業者に死鶏処理を任せていた養鶏場C様の場合
  • Case4 死鶏処理にコストが掛りすぎていた養鶏場D様の場合

ご導入頂いた方の声

小型焼却炉Clean fire導入の流れ

Q&Aよくある質問

会社概要

ブログ Blog

新原産業

QRコード