小型焼却炉Clean fire導入ケース4

死鳥処理・鳥インフルエンザ対策なら養鶏場向け小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア) TOP > 小型焼却炉Clean fire導入ケース4

クレームになる焼却炉はいらない

小型焼却炉Clean fire導入の理由

case4

以前から焼却炉を使用していましたが、コストがかかること、近隣からの苦情が多かったことで「小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア)」の導入を決められました。決め手となったきっかけをお聞きしました

以前も焼却炉を使われていたのですね。

はい、でもとても大きくて場所をとっていましたし、いろいろと煩わしい手続きが必要でした。それにコストがやたらとかかり、維持するだけでも大変でした。

クレームも受けたことがあるようですが?

そうなんです。大きい焼却炉なので処理能力はそれなりにあったのですが、 その分煙の排出量も多く、近隣の方からクレームになることが多かったですね。 こういう仕事なので、近隣とのトラブルは避けたいと思い、どうしたらいいかと悩んでいました。

焼却炉

焼却炉

焼却炉

その時に、「Clean fire」の話を聞いたのですか?

はい、ちょうどエー・ワンの方が営業に来られて小型の焼却炉があることを聞きました。 実は小型の焼却炉だということで処理能力が心配でしたが、その時の悩みだったコスト面やクレームの回避といったことを考えると、「Clean fire(クリーンファイア)」にかえたほうがいいのではと、営業さんの話を聞きながら考えました。

実際に小型焼却炉「Clean fire」を導入されていかがですか?

性能がどうかなんて思ったことが間違いだったようです。「Clean fire」の処理能力は以前使っていた焼却炉より、ずっと優秀で、驚きました。小さいながら20羽以上一度に処理できるのはすごいです。

他にも良かった点はありますか?

追加投入する際に、投入口を開いても煙や炎を噴き出さないので、安全に投入できるところが助かっています。安心して作業ができるようになりました。

当初の問題であるコスト面ではいかがですか?

コストを大きく削減できました。「Clean fire(クリーンファイア)」は最初に灯油を使い炉内の薪を燃やし、 薪に火が付いたら、バーナーを止めて薪だけで燃焼します。それに加え、鶏自身の油でさらに燃焼力を高めるので、燃料費としてのコストが大幅に削減できました。

もう一つのクレームに関してはどうですか?

クレームの内容は、焼却炉から排出される煙や臭いについてです。 近隣の方の気持ちをまったく考えていなかったので、物を燃やせば煙や臭いは当たり前だと思っていました。 でも、クレームが頻繁になるに従い、違うのかもしれないと考えるようになったのです。おかげさまで無煙・無臭の「Clean fire(クリーンファイア)」導入後は、クレームがなくなりました。

小型焼却炉Clean fire

小型焼却炉Clean fire導入ケース

case01

case01

死鳥処理方法に悩む養鶏場F様の場合

check

case02

case02

インフルエンザ対策に悩む養鶏場K様の場合

check

case03

case03

回収業者に死鳥処理を任せていた養鶏場H様の場合

check

資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせはこちら

youtubeにて使用動画を公開中!

2018年国際養鶏養豚総合展

生産現場の問題点と課題~小型焼却炉の必要性~

  • 安全を考える
  • 食の安全
  • 養鶏事業の安全
  • 環境の安全

鳥印インフルエンザ対策の重要性

死鳥(鶏)処理、どうしてますか?

  • 養鶏場向け小型焼却炉の必要性
  • Case1 死鶏処理方法に悩む養鶏場A様の場合
  • Case2 鶏インフルエンザ対策に悩む養鶏場B様の場合
  • Case3 回収業者に死鶏処理を任せていた養鶏場C様の場合
  • Case4 死鶏処理にコストが掛りすぎていた養鶏場D様の場合

ご導入頂いた方の声

小型焼却炉Clean fire導入の流れ

Q&Aよくある質問

会社概要

ブログ Blog

新原産業

QRコード