小型焼却炉Clean fire導入ケース3

死鳥処理・鳥インフルエンザ対策なら養鶏場向け小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア) TOP > 小型焼却炉Clean fire導入ケース3

回収業者は不安がいっぱい

小型焼却炉Clean fire導入の理由

case3

以前から回収業者に依頼して死鳥処理を行ってきましたが、鳥インフルエンザの発生で不安になったお客様が「小型焼却炉Clean fire(クリーンファイア)」の導入を決められた理由をお聞きしました。

回収処理を依頼していた理由はなんですか?

回収業者に依頼するだけで、鶏舎から処理することができたので、経費がかかってもそのほうが楽だと思っていたからです。

鳥インフルエンザの流行でその考えが変わるわけですね。

はい、どうも回収業者が知らない間に感染を広めているのではないかと思いはじめたら、いつ自分の養鶏場が被害に遭うかわからないと思い、別の方法を探しはじめました。 もちろん回収業者さんすべてに問題があるわけではありませんが、可能性としてあるものは排除しておきたかったのです。

回収業者

環境に配慮

環境に配慮

では実際に、使ってみていかがでしたか?

回収業者にお願いしていたときは、回収日まで死鳥を保管するだけで他に手間はなにもかかっていませんでしたので、 「Clean fire」では、もっと手間がかかるのかなと思っていました。 ですが、実際に導入した後は、死鳥を焼却炉に投入するだけですのでそれほど手間には感じていません。作業もカンタンですし。

どういうところが作業しやすいのか具体的に教えてください。

焼却処分をするためには、焼却炉に死鳥を投入しますよね。その投入口が大きいので、途中で引っかかることがなく、 スムーズに投入できます。途中、追加で何度も焼却することも可能です。 灰出し口も広いので、灰をかき出す作業も簡単にできます。

他にも「Clean fire」のいいところはありますか。

たくさんあります。煙が出るとダイオキシンを心配しなければなりません。一方、「Clean fire(クリーンファイア)」は、 ニ次焼却炉で完全焼却されるので煙がでません。環境に配慮した構造なのでダイオキシンの発生を抑止、 それに臭いも無いので周辺への影響も少ないように思います。燃料が薪と灯油なので経費節減にもなっていて助かっていますね。

回収業者へ依頼していた時よりも、経費はかかりませんか?

経費は減りましたね。回収業者へは年間約20万円程度の支払いをしていましたが、 この「Clean fire(クリーンファイア)」の場合、燃料費に一月あたり約3,000円~4,000円程度ですみます。この差は大きいと思います。

すごい差ですね。でも、どれくらい維持できるのでしょうか? すぐにダメになってしまうと、この経費削減が意味のないことになりますね。

耐久性は、構造上10年以上ということでした。導入してまだ10年経っていないので真偽のほどはわかりませんが、特別な耐火構造を採用しているということなので、丈夫なのは間違いありませんが、丁寧に扱っていきたいと思います。

小型焼却炉Clean fire

小型焼却炉Clean fire導入ケース

case01

case01

死鳥処理方法に悩む養鶏場F様の場合

check

case02

case02

インフルエンザ対策に悩む養鶏場K様の場合

check

case04

case04

死鳥処理にコストが掛りすぎていた養鶏場O様の場合

check

資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせはこちら

youtubeにて使用動画を公開中!

2018年国際養鶏養豚総合展

生産現場の問題点と課題~小型焼却炉の必要性~

  • 安全を考える
  • 食の安全
  • 養鶏事業の安全
  • 環境の安全

鳥印インフルエンザ対策の重要性

死鳥(鶏)処理、どうしてますか?

  • 養鶏場向け小型焼却炉の必要性
  • Case1 死鶏処理方法に悩む養鶏場A様の場合
  • Case2 鶏インフルエンザ対策に悩む養鶏場B様の場合
  • Case3 回収業者に死鶏処理を任せていた養鶏場C様の場合
  • Case4 死鶏処理にコストが掛りすぎていた養鶏場D様の場合

ご導入頂いた方の声

小型焼却炉Clean fire導入の流れ

Q&Aよくある質問

会社概要

ブログ Blog

新原産業

QRコード